日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 平安時代
  4. 院政時代の公家女房晴れの装い

院政時代いんせいじだい公家女房くげにょうぼうれのよそお

Court lady in formal costume popularly known as jūni-hitoe. At Insei period in latter term of Heian era.

  • 院政時代の公家女房晴れの装い1枚目
  • 院政時代の公家女房晴れの装い2枚目

公家女晴れの装いは、現在宮中では、いつぎぬ唐衣からぎぬの服といわれ、俗には十二単じゅうにひとえの名で呼ばれている。この装束は10世紀後半には成立していると考えられている。この形式をうけついだ平安時代後半、院政時代といわれる白河、鳥羽、後白河法皇の時代、11世紀末から12世紀末に至る百年の間は服装の面でも最も絢爛豪華な時代であった。
公家女装束が異様なまでに飾られ、身につけて居ならぶばかりでなく殿内の装飾として母屋とひさしの境に上部には翠簾を吊し、下部には打出の装束として几帳の骨(木部)様式のものにけて並べ、また牛車の後部の翠簾下の飾りとする出衣いだしぎぬとしこの装束が用いられている。
当時の状態は律令制度の崩壊により、国の主権を執行するのが、天皇ではなく上皇、法皇といわれる前天皇で院と称される法制外の組織で、その下に国の税制外に存在する院の荘園よりの収入によってまかなわれるものであり、また、平氏の全盛も平氏の荘園よりの収入や平氏のもつ中国宋との貿易収入によるものであった。そのさまは「天下過差遂日倍増……」(中右記大治4年(1129)7月15日の項)と中御門宗忠も記している。公家自らが認め反省している所でもある。  この当時の文献として建春門院(後白河院の妃平滋子)に仕えた中納言建寿御前の日記や、「玉葉」「吉記」「山槐記」「兵範記」「中右記」、また「明月記」「今鏡」などにも表われている。この研究については清田倫子氏の「宮廷女流日記文学の風俗史的研究」によく尽くされている。
建春門院が三日間の行事に毎日異なったすばらしい物具の装束(女装束のこと)を身につけ、つきしたがう女40人も劣らぬ唐衣であり、殿内の装飾とされるものも建春門院は十一具六間分(玉葉安元2年(1176)3月4日、後白河法皇五十御賀所々打出の項)などと記されている。
また、有職故実の解説書として現存する最古のものと考えられている「満佐須計装束抄」は12世紀後半頃の作であり(源雅亮著)、この書の終わりの所に女装束に関する記述がある。前記日記類と照合する所が多い。唐衣の所を次に記すと、

もにたまのうはざし、つねのことなり
くるまにはのる人のしなにしたがへ、おり物
りうもんあひまじることなり
うはぎ いかさまにもおりものなり
からぎぬにはひもといふものあり、からぐみのいろいろなるにて、げまきにになをむすびて、六すぢも八すぢもして、からぎぬのおほくびのかみは、うらうへにつけたるなり、うちでにも、くるまのきぬにあらば、そでのうへにとにひきいだしてさぐべし、きぬからぎぬ、うはぎ□きなりまて、やうやうに色をつくし、にほひ□てする常の事なり(以下略)

とあり、また、建春門院中納言日記にも「唐衣に紐つけ花結びなどしたるも見えき」、また「錦の唐衣、玉の紐とかや」などある。
この唐衣に紐をつけるということは今迄不可解とされていたが私の考証に於いて、の部分左右ではないかとしてみた。小忌衣おみごろも紅紐があり、右肩また左肩につけているので紐を衣の飾りとする例があり、直垂等の胸紐を飾りとする事、狩衣、半等に袖括りの緒があり、装飾的な用い方がされている。江戸時代のにつける懸帯には立派な刺繡がされている事がある。また唐衣を身につけ腕を前に置くと、この飾り紐以外につける所はないのではないかと考えられる。
または、紐を前二垂れ、後一垂れとしたのは現在も用いられている修験者の木綿がこの三垂れの形式であり、これを参酌した。

イラストによる解説