日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 平安時代
  4. 公家女房夏の褻の装い

公家女房夏の褻の装い

Court lady in everyday wear for summer.

  • 公家女房夏の褻の装い1枚目
  • 公家女房夏の褻の装い2枚目

これも公家の女の平常の姿。を上に単を重ね、紅の打をはき、下に白の小袖をつけている。これは夏用のものとして顕紋紗地で、また酷暑の時は単のみもあり、単を重ねてを略することもある。

イラストによる解説

イラスト1
  1. 下げ髪
  2. 下げ髪の鬢批びんそぎ
  3. しゃうちききぬ
  4. ひとえ
  5. あかうちばかま
  6. 衵扇あこめおうぎ