日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 安土桃山時代
  4. 朱具足の武将

朱具足あかぐそくの武将

Warrior general in aka-gusoku armor.

  • 朱具足の武将1枚目

  • 朱具足の武将2枚目

朱塗の具足で、彦根・井伊家家臣使用のものである。朱備あかぞなえ具足とも呼ばれる。

井伊直政の時より歴代家中一統この具足あかぐそくをつけて勇猛をうたわれ、井伊の朱備として世に知られた。朱の指物旗を背負い、胴は桶側胴で白糸縅(威)の毛引きの草摺をつけ、当世袖に額当、籠手佩楯脇引、頰当がある。

具足櫃の上に置いてある。戦闘の際、は防禦には適するが行動に支障をきたすので、実践的にはこの額当が用いられたと思われる。額当の遺品はすくない。また腕の脇を防禦する脇引の遺品もすくない。

イラストによる解説

イラスト1
  1. 指物旗さしものはた
  2. 額当ひたいあて
  3. かぶと(全体)
  4. 天衝てんつき前立まえだて
  5. 吹返ふきかえし
  6. 𩊱しころ
  7. 目の下頬したほほ頬当ほおあて
  8. 目の下頬(頬当)の素懸垂すがけたれ
  9. 小鰭こびれ
  10. 当世袖とうせいそで
  11. 篠籠手しのごて
  12. 草摺くさずり下散げさんとも云う)
  13. 打刀うちがたな
  14. 脇差わきざし
  15. 上帯うわおび
  16. 佩楯はいだて
  17. 篠臑当しのすねあて
  18. はかま
  19. 革足袋かわたび
  20. 草鞋わらじ
  21. 受筒うけづつ
  22. 合当理がったり
  23. 具足ぐそくびつ
  24. 朱備あかぞなえ具足ぐそく(全体)
  25. 脇引わきびき