日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 安土桃山時代
  4. 鎖具足をつけた武将

鎖具足をつけた武将

Warrior general in kusari-gusoku armor.

  • 鎖具足をつけた武将1枚目

  • 鎖具足をつけた武将2枚目

布地に鎖を綴じ附けたもので、古くは鎖腹巻と呼ばれたものが八坂本平家物語(巻8)にあり、胴丸にも見られるが、これは二枚銅の具足で鎖も揃っている。
小形方形の鉄板(カルタ鉄)を鎖で連接し屈伸を自由にし、しかも抵抗力を増大している。
槍、鉄砲等に対応する為、室町末期から多く用いられたものであろう。
表面を黒漆で塗り、草摺は七間になっている。上帯を締め、打刀を佩びた姿とした。この具足も伝来のものである。

イラストによる解説

イラスト1
  1. くさりかぶと
  2. 𩊱しころ
  3. 半頬はんぼお
  4. 具足ぐそく
  5. 篠籠手しのごて
  6. 具足草摺くさずり
  7. 佩楯はいだて
  8. 受筒うけづつ
  9. 合当理がったり
  10. 待受まちうけ
  11. 指物旗さしものはた
  12. 上帯うわおび
  13. やり
  14. 打刀うちがたな
  15. 脇差わきざし
  16. はかま
  17. 臑当すねあて
  18. 革足袋
  19. 草鞋わらじ