日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 室町時代
  4. 腹当をつけた雑兵

腹当をつけた雑兵

Soldier in hara-ate armor.

  • 腹当をつけた雑兵1枚目

  • 腹当をつけた雑兵2枚目

下級兵士の徒歩戦の為の軽武装で、腹部だけを防護するので腹当の名がある。
室町中期頃からの文献に見られ、実物資料もこの頃のものと思われる遺物はあまり見ない。使用がすくなかったのか、下級者用の為損耗して残らなかったのかはわからない。
侍烏帽子に衣服は細い筒袖の手細てぼそと四巾の裂で作った四幅袴よのばかま脛巾はばき、素足に足半あしなかという小さいぞうり、腰に打刀、手に薙刀を持っている。

イラストによる解説

イラスト1
  1. 侍烏帽子さむらいえぼし
  2. 腹当はらあて
  3. 手細てぼそ
  4. 四幅袴よのはかま
  5. 脛巾はばき
  6. 足半あしなか
  7. 打刀うちがたな
  8. 薙刀なぎなた
  9. 上帯うわおび