日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 平安時代
  4. 女官朝服

女官朝服にょかんちょうふく

Court lady in formal court dress.

  • 女官朝服1枚目

  • 女官朝服2枚目

平安初期の貴婦人の姿である。当時の女神像や吉祥天女像等によったもので、髪も一髻になっているが、後ろと顔の両側へ長く垂れてさらに引き上げられている。眉間と頰の花鈿かでん花子かし)は、唐風そのままで袖なしの錦の背子からぎぬも養老の衣服令にはなかったもの。中央に垂れた二条の飾り紐は上衣の結び紐の余りを装飾化したものと考えられる。だんはなだしたもを下半身につけ、紕帯そえおびをして領巾ひれ(比礼)をかけ、鼻高のくつをはいている。薬師寺の吉祥天女像等はさらに蔽膝へいしつという前けをしている。一層の礼装を表わすものである。

イラストによる解説

イラスト1
  1. 一髻いっけい(結髪の状態をいう)
  2. くし
  3. 釵子さいし
  4. 花子かし又は花鈿かでん
  5. 背子からぎぬ
  6. きぬ
  7. 衣の胸紐むなひも端末たんまつ
  8. 紕帯そえおび
  9. ひらみ(したも)
  10. 領巾ひれ(比礼)
  11. せきのくつ鼻高沓はなたかくつ