日本服飾史日本服飾史

  1. HOME
  2. 衣裳一覧
  3. 江戸時代
  4. 江戸後期・正装の公家女房

江戸後期・正装の公家くげ女房

Court lady in formal dress.

  • 江戸後期・正装の公家女房1枚目

  • 江戸後期・正装の公家女房2枚目

平安時代中期以来の女官の晴れの正装で、俗にいう十二単である。応仁の大乱後、しきたりが不明となり特別の形が生まれ、江戸前期をへて、この姿が享保7年(1722)の御再興女房装束迄つづくが、その後、天明頃に京の町衆に流行したびんを大きく張り出すいわゆる燈籠鬢とうろうびんが宮中の様式にもとり入れられて「大すべらかし」が作られるに至った、大すべらかしには玉かもじをつけて平額釵子、櫛を飾る。この三種の飾りを「おしゃし」とも呼んでいる。には唐衣と共裂の刺繡入り懸(掛)帯が用いられ、小腰はない。引腰のあつかいは今日も完全にわかっていない。唐衣の下は表着で、平安時代と異なり打衣うちぎの下になる。五つ衣と呼ばれ、五枚重ね、おくみに綿を入れる。打衣の下は単である。紅のをはき、扇も美しい絵文様のある檜扇(衵扇あこめおおぎ大翳おおかざし)、帖紙を持っている。ここに示すのは天明頃から天保14年(1843)平安朝の再興迄の姿とした。

イラストによる解説

イラスト1
  1. 大すべらかし
  2. 平額ひらびたい
  3. 釵子さいし(三本)
  4. くし(一枚)
  5. 玉髢たまかもじ
  6. 唐衣からぎぬ
  7. 表着うわぎ
  8. 五つ衣いつつぎぬ
  9. 打衣うちぎぬ
  10. ひとえ
  11. 紅のあかのばかま
  12. 懸(掛)帯かけおびのも
  13. 懸(掛)帯かけおび
  14. 懸(掛)帯引腰かけおびのものひきごし
  15. 檜扇ひおうぎ衵扇あこめおうぎ大翳おおかざし
  16. 繪元結えもっとい
  17. 長髢ながかもじ
  18. 唐衣髪置からぎぬのかみおき
  19. 帖紙たとう
  20. 大腰ものおおごし
  21. くれない
  22. こびんさき